ブログ

2017/04/20
おすすめ商品のご紹介!!
2017/03/16
新年度、春の買い換え応援キャンペーン
2017/03/16
メンズエプロンの撮影を行いました!
2017/02/20
おすすめ商品&キャンペーンのお知らせ

ロング丈だってスタスタ歩けるソムリエエプロン

ロング丈のエプロンって足にまとわりついて動きづらい
イメージがありませんか?

実はわたくし、学生時代に焼肉店でアルバイトをしていました。

当時愛用していたのは、綿混のロングソムリエエプロン。

制服は黒のポロシャツ+デニム+ワインレッドのエプロン
というスタイル。

毎日のようにエプロンを着けてせっせと働いていました。

お客さんのもとへ注文を取りに行ったり、料理を運んだり・・・

そうこうしていると「すいませ~ん」とお客さんから呼ばれ、

予約の電話は鳴るし・・・

特に金曜や土曜の夜は大繁盛でビール片手に
ホールを駆け回っていました。

一組帰ったと思ったら即、
席空きを待っているお客さんと入れ替わり。

猛スピードでお皿を片付けて、テーブルの上や座敷の床を
拭いて、新しいお客さんを席まで案内しなければなりません。

当時のことを振り返ると、
めまぐるしいアルバイトだったなぁ・・・と。

そんな学生時代を経た今、より快適に働けるエプロンとは!?

と考えたときに先ず、思い出されたのは
アルバイトを始めたときのこと。

日常生活で腰から下のソムリエエプロンを着ける機会って
殆どありませんよね。

アルバイトを始めたときに生まれて初めて
ソムリエエプロンを着けた私。

お客さんの元へスタスタ歩いていきたいけれど、そんな気持ち
とは裏腹にエプロンがデニムにまとわりついてモタモタ。

おまけに短い脚に長いエプロン。何度行く手を阻まれたことか。

座敷の床に膝をついての片付けではエプロンが邪魔だなぁ・・・
と思ったことは数え切れないほど。

時が経つにつれて
「エプロンを着けているのだから脚さばきが悪くて当然」
と開き直って仕事をするようになりましたが、

今思えば、やはり使いやすいとは言い難い
エプロンだったように思います。

そこでエプロンショップではソムリエエプロンの難点を
克服すべく、素材にもこだわっています。

沢山の機能を兼ね備えた制電ストレッチツイルという
優秀素材を使用しています。

詳細は下記のURLをクリックして、商品ページを見てください!!

-------------------------------------------------------

そして4月発売予定の新しいソムリエエプロンは
さらにパワーアップ!!

今までの機能にプラスして、
撥水加工を施した素材を使用しています。

写真を見れば一目瞭然!!

左側が通常加工布、右側が撥水加工布です。

水を付着させて0分、5分、10分経過した生地の様子です。

これだけ水をはじいてくれます。

撥水だけではなく、使ってみればきっと、
今まで使っていたエプロンとの『違い』が実感できますよ。

URL:http://www.apron-shop.jp/product/GX868.html

がっちりさんもにっこりのソムリエエプロン

フリーサイズだとちょっと小さい・・・

でもいくら探しても自分にぴったりのものが
ないんだよね・・・

しょうがないよね・・・

そんながっちりさんの心の声にお答えして、
エプロンショップではワイドサイズのソムリエエプロンを開発しました。

そう、今までワイドサイズのエプロンって探しても
なかなか見つからなかったと思うんです。

でも、やっぱり自分にピッタリのユニフォームを
身にまといたいですよね。

そこでエプロンショップではがっちりさんの胸の内を探るために
飲食店の店長さんにお話を伺いにいきました。

ちなみに右の写真は店長さんが仕込み中にエプロンショップの
エプロン(GX868)を着用して下さった写真です。

後姿を見るとやはり少し身生地が足りていない
ように思います。

そこで着用した感想と、がっちりさんの求める理想のエプロン
についてお話を伺ってみることにしました。

やはり「もう少しウエスト幅とヒモの長さがほしい!!」
というのが第一声でした。

そして話を伺っていくなかでがっちりさんにしか分からない
ポイントがいくつか挙がってきたんです。

①裾幅が狭いほうが良い。

がっちりさんは歩くときに外股になりやすいので、
裾が広いと脚さばきが悪くなり、歩きにくくなるそうです。

②ヒップが隠れないほうが良い。

ヒップの部分を、エプロンで覆ってしまうと
動きづらくなってしまうのだそうです。

③ヒモがズレない工夫がほしい。

エプロンを使っていて、一番ズレが気になるそうです。

④縫製がしっかりしたものが良い。

がっちりさんだからこそ、エプロンにもグッと負荷が
かかってしまうことがあるようです。

このような意見をもとにがっちりさんがにっこり安心して
着用できるエプロンを開発しました。

サンプルを作り、社内にいるがっちりさん
T氏にも協力してもらいました。

2、3番目の写真は試着をしているT氏です。

シルエットの確認だけではなく、T氏から率直な意見を聞き、
商品に反映させました。

このようにしてがっちりさんの生の声を聞きながら
開発を進めたワイドソムリエエプロン、4月より販売開始です。

これでがっちりさんもにっこりすること間違いなし\(^o^)/

丈夫なエプロンの秘密~その1~

お客様に本当に満足していただける商品をつくるには

毎日エプロンを使っている人に聞いてみないと分からない!!

ということでエプロンショップでは実際に飲食店に出向いて
店員さんにお話をうかがったり、アンケート調査を行ったりしています。

その際に気になったのがポケット。

「現在使われているエプロンで何か困っていることはありますか?」
と質問すると、よくあがってきたのが

「ポケットの口が裂けやすいんだよね~。」という声。

「エプロンの交換時期は?」と質問すると、

「長く使っているとどうしてもポケットの口が破れるので、
そのタイミングで買い換えますね~。」と言う声。

右の写真を見てのとおり、実際の店舗ではポケットにボールペンを差したり、伝票やハンディーターミナルを入れたり…
沢山ものを入れている様子。

重みによる負荷がポケット口に集中するため、
長期間使用していると破れてしまうようです。

また出し入れする際、急いで中身を取り出そうとすると
ポケット口に引っかかってしまうケースもあり、
忙しい店では特に裂けやすいようです。

そこでエプロンショップでは自社商品を着用して検証したり、
他社商品を研究しながら
ポケットをより丈夫にするための検討、改良を行いました。

こうしてポケットにも工夫を凝らした

「ジャスト・フィットソムリエエプロン」が誕生しました。

ぜひ使ってみて“丈夫なソムリエエプロン”を実感してください。

TOPPAGE